• ホーム
  • チャンピックスで完全禁煙へ

チャンピックスで完全禁煙へ

2020年03月09日
灰皿の中にあるタバコのフィルター

意志を強くして、自分だけの力でたばこをやめるのはかなり難しいようです。
禁煙できたときに自分に褒美を用意して、半ば強制的にたばこを吸わないようにするというのはよくやられる方法かもしれませんが、成功率が高いという話は聞いたことがありません。
現実的に無理のない方法としては、病院に通って専門医の力を借りて禁煙するというのが一番良い方法かもしれません。

通院してたばこをやめるときに良く用いられる方法では、専門医に禁煙補助薬という薬を処方してもらって、それを服用して治療を進めるやり方が一番多くとられているようです。
その際に処方される薬では、チャンピックスという名前の薬が有名です。
チャンピックスは、禁煙成功率の高い薬としても知られていて、服用方法も難しくなく、最初の頃はたばこを吸い続けても構わないことから、無理なく禁煙を達成したいという人から多くの支持を受けています。
チャンピックスは通販サイトからも購入することができるので、チャンピックス通販の最安値をチェックして安価に禁煙をしましょう。

チャンピックスの服用効果としては、食事の際に服用を続けていると、普段吸っているたばこの味そのものが少しずつおいしく感じなくなるというものがあります。
たばこを吸いたいという気持ちも少しずつ失われていきます。
そして、いつしかたばこに手が伸びなくなってしまうのです。
つまりは、たばこのニコチン中毒の部分を緩和してくれる薬なのです。

チャンピックスの服用については、副作用の報告があるため注意しなければなりません。
効果の高い薬は、一般に強い副作用があるとされているので、仕方のない部分でもあります。
だから、服用に際しては、担当医の指示をしっかり守らなければなりません。

代表的な副作用としては、吐き気と眩暈、頭痛といったものです。
また、意識喪失状態になった、異常な夢を見るようになったといった、かなり重症の報告もあることから、薬服用後の体調の変化には常に十分配慮するようにすべきです。
少しでも異常を感じたら、担当医師に服用の相談をしてみてください。
副作用の症状の出方によっては、副作用についての薬も新たに処方してもらわなければならないケースがあります。

チャンピックスの副作用とは?

チャンピックスの服用方法はいたって簡単です。
食事の際に、チャンピックスを一緒に服用するだけです。
通常は、これを12週間続けます。
服用期間中は、医師に自分の体調の変化などを報告していくことになります。
いくら服用方法が難しくないと言っても、自分勝手な服用をしてはいけません。
医師の指導を仰ぎながら、きちんと飲むようにしないと、ちゃんとした治療にはなりません。
それに、チャンピックスの効果には副作用と勘違いするような部分があるため、慎重に服用していく必要もあるのです。

チャンピックス服用後にたばこを吸ったら、吐き気を催してしまったということがよくあるのですが、これは薬の効果と捉えられる部分でもあります。
通常は、副作用が起きたと思われるこのようなことについても、たばこを吸いたいという気持ちが薄らいだというように報告している人もいます。
効果と副作用が表裏一体であると捉えることができるというわけです。
ただ、頭痛や眩暈がしてくるなど、明らかに体調に異変が生じるといったことがあれば、治療の途中であっても、服用を差し控えることを考えなければなりません。

チャンピックス服用については、条件次第で健康保険の適用を受けることができます。
ただ、治療内容によっては保険の適用が認められないものもあるので、あらかじめ医師に頼んで治療内容を確認するようにしましょう。
また、禁煙治療を行っている病院すべてが保険の適用施設というわけではないため、自分で調べておくことも大切です。
禁煙治療に健康保険が適用されるための条件としては、以下の4つのことが提示されています。

  1. ニコチン依存度が判定テストで5点以上ある
  2. 一日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数が200以上である
  3. すぐに禁煙を始めようと思っている
  4. 禁煙治療を受けることについて文書で同意している

この4つに該当する場合、ニコチン依存症と判定され、自分で禁煙しようという意思がなければならないということです。