禁煙による身体への影響

2020年06月04日

禁煙をおこなうことで様々な体に対する良い影響があらわれ、内臓器官や循環機能に血圧や脈拍の数値が改善されることで目覚めがさわやかになるなど日常生活において実感できる良い効果があらわれます。
また目覚めがよくなることで日常活動にも張りが出て精神的にもよい効果があり、肉体的にも精神的にも禁煙により健康的になります。

また禁煙時は体の内面的な良い効果以外にも肌が綺麗になるなど美容に関する効果も期待できるでしょう。
喫煙によるニコチンや一酸化炭素の影響で血管が収縮し血行不良になることが原因で肌の新陳代謝が悪くなり、コラーゲンなどを生成するはたらきが衰えることで肌の乾燥や小じわができるリスクが高まります。
しかし、禁煙によりこれらの症状が改善され喫煙によるビタミンCの消費が抑えられるなど美肌を保つ効果があり肌の状態が改善されます。

禁煙より肌が綺麗になる以外にも外見的な改善効果は高く、髪の毛の白髪や抜け毛がなくなり、ツヤがよくなる効果も期待できます。
また、喫煙は喉にも悪い影響があるものですが、ガラガラ声やダミ声などになるリスクも低くなります。
喫煙時の口の中の歯にヤニに付着した黄ばみも改善され喫煙者特有の口臭や体臭などの嫌な匂いも改善されます。

そして喫煙時に女性が妊娠や出産の経験時に赤ちゃんの低体重や胎盤異常に流産などのリスクが高くなることがありますが、これらのリスクも低くなり禁煙をおこなう大きなメリットです。

このように禁煙による影響は身体への良い影響が多く、内臓器官や循環機能などが改善されることで糖尿病や動脈硬化など具体的な病気に精神的な症状がいい方向へ変わっていくことが期待できます。
そのため、うつ病などを発症するリスクが低くなり身体へのよい影響が期待できます。

また喫煙者の平均寿命と比較して非喫煙者の方が寿命が長いことが報告されています。
喫煙者は喫煙をおこなうことで病気などさまざまな身体的なリスクが高まることを理解し禁煙をおこなうことで身体へ良い影響があることを実感することができます。

禁煙すると食事が美味しくなる?

喫煙者が禁煙をおこなうと食事が美味しくなると言われていますが、喫煙による味覚や臭覚の異常が報告されておりこれらの症状が改善されることで食材の匂いや味覚が改善され食事が美味しくなると言えます。
また禁煙をおこなうことで体重が増加するリスクが高まるとも言われています。
喫煙と食欲の影響も関係がありニコチンが食欲を抑えるホルモンの分泌を促進することと、禁煙による味覚と臭覚の改善により食事がおいしくなり食事量が増えることが影響していることが原因です。

このように禁煙をすることで体重が増えるリスクが高くなると言えますが、味覚や臭覚が改善されることと比較すると禁煙をおこなう方が多くのメリットがあります。
禁煙による体重増加の危険性よりも喫煙時の様々な身体に対する悪影響や味覚や臭覚が悪化することでの肥満の原因となる食生活などを考えると喫煙の身体に対する悪影響は高いです。
そして禁煙時の体重増加のリスクを軽減する方法としては食事メニューの管理と定期的な運動を行う方法が最適で日常の食事を楽しみながら健康的な身体に改善できます。

禁煙により味覚や臭覚が改善され食事が美味しくなる大きなメリットがあります。
禁煙時は口寂しくなり飲食物をとる機会が多くなる場合があり、このときに注意したいのが砂糖などが多く入った飲み物ではなくカロリーを意識しながら飲み物を選択することが重要です。
また禁煙時は離脱症状などでイライラするなど気持ちが生まれる場合もあります。
そんな時は以下のような食材を意識的に摂取してみるとよいでしょう。

  • マグロ
  • イワシ
  • クルミ
  • キウイ
  • オレンジ
  • バナナ
  • ヨーグルト
  • チーズ

これらの食材はイライラを抑える栄養素が含まれており小腹がすいたときにも最適な禁煙時に重宝できる食材です。